創業31年 木のおもちゃと子供家具工房。自然素材100%、化学物質0、国産材の木のおもちゃと子ども用家具を自社工場で製作し、全国にお届けいたします。

木のおもちゃ
こども家具
保育園の家具

トップページ > ものづくりへの想い







子どもたちに安心安全のおもちゃを




株式会社 なかよしライブラリー
創業1983年

創業者である、濱田正志は1980年代、高知県第一号の男性の保育士として、障がい者施設で職員として日々働いていました。 障がいのある子ども達は少し目を離すと、遊んでいるおもちゃを投げたり、口に入れたり、それはひと時も目を離す暇がないほどだったそうです。 遊んでいるにもかかわらず、常に怪我と隣り合わせにある状況を変えたいと、作り始めたのが「木のおもちゃ」でした。 角を丸くし、塗装をせずに、安全に配慮した木のミニカーや積み木など。それはそれは子ども達が喜んで遊んでくれるのです。 さらにそれを目にした母親から、家庭用にも造ってほしいという声をいただくようになります。 勤務の傍らで注文に応えていたのですが、もしかしたらこれは仕事になるかもしれない。そう思いサラリーマンを辞め 事業をスタートさせました。




創業当初から大切にしていること

  安全性




子どもたちが使うものだからこそ、外せないこだわりです。木がおもちゃになるまでにはたくさんの工程を経て、製品として出来上がります。まず、山から伐採してきた木を丸太の状態で仕入れます。板で仕入れることとの、大きな違いは板を成型する時に使用する接着剤を極力使用しないためです。仕上げ材に使う塗料も自然の亜麻仁油を主成分とした塗料で人体に無害なものしか使用しません。




  手触り




材料は高知県産の高級木材ヒノキを中心に、岐阜県・奈良県・北海道の色の綺麗な広葉樹を仕入れて製品にしています。これらの木材は樹齢が70年以上のものばかりで、きめが細かく、磨きあげると、非常に綺麗で、見事な手触りになります。しかし、機械だけの磨き作業では、どうしても磨き残しや、艶が出るほどにはならないものです。大量生産の工業製品には真似できない、一つ一つ丁寧な手仕事で仕上げていくことのより、赤ちゃんが直ぐに口に入れてくれるまでの肌触りを実現しています。




    子どもたちの発育に役立つこと




これは、保育の現場や、実際に保育士として働いてきたことが経験となって活かされています。電池式で動くおもちゃは最初は興味津々でおもしろく思うのですが、結局はクマやうさぎのぬいぐるみ等の方が長く遊ぶことが少なくありませんでした。
自動で動くおもちゃは最初はおもしろいのですが、動きが同じなので、すぐに飽きてしまします。 自分で操り、自分で想像して考えられるおもちゃの方こそ、子ども達には面白さを感じて頂けると考えています。そうして遊べるおもちゃは想像力や発想力を鍛え、発育を助ける役割を担えるはずです。

当社でも人気のマスコットキャラクター「ロボット君」。ロボット君は自らしゃべらないし、動きません。でもいつも優しく微笑んでくれています。耳を伸ばすとゴムがビヨ〜ンと伸び、お腹のスパナはカチカチと音を立てて回転します。

頭のプロペラを押すと腕がバンザイ!!遊び方は特に決まっていません。子どもたちがロボット君を手にすると、何パターンもの遊び方を自分で考え、実践します。それが自動で動くおもちゃにはない、魅力なのです。主役はあくまで子どもたち。子どもたちの成長に役立つためにおもちゃの存在があるのです。














なかよしライブラリーのおもちゃと子ども家具は、子どもたちが安心して使えるように、製品の仕上げ作業にこだわっています。

  1. 全ての角を丸く仕上げ、子どもたちが触れても気持ちよく使えます。
  2. 製作の中でもっとも時間と手間暇をかけるのは、表面の磨き作業です。「赤ちゃんが口に入れたくなる程の気持ちよさ」をモットーに製作しています。
  3. 得意とする加工は切り文字や、木材を細かな形に切り抜く、糸鋸での作業です。早く、綺麗に仕上げられるようになるまで3年程を要しますが、手作りの良さを一番感じて頂ける技術です。

デザインは全て自社のオリジナルです。主なデザインは元保育士のおもちゃ作家が担当しています。

  1. 創業31年の経験の中で、子どもが遊びたくなる、赤ちゃんが持ちやすい、口に入れやすい等、「使用感」にこだわってきました。新しいおもちゃや、家具は子どもたちに使ってもらい、改良を加えています。
  2. 毎月、数百件のおもちゃのアイデアをたくさんのお客様よりいただいております。最初のひらめきは、こうしたお客様の意見から生まれています。
  3. なかよしライブラリーのメンバーは元保育士や、元小学校教諭も多数在籍しています。今までは直接子どもに関わってきた経験を今度は「木のおもちゃと子ども家具」を通じてもの作りの現場から遊びを伝えていきたいと思います。
  1. なかよしライブラリーの製品は国産材を使用しています。樹齢は70年以上、産地は高知県の四万十を中心に、奈良県、岐阜県、秋田県と全国より厳選しています。
  2. 天然素材100%のドイツ製オイルを全ての製品に使用しています。アレルギーの可能性が無い、赤ちゃんが口に入れても無害の自然素材塗料です。
  3. 多様な国産材を使い、おもちゃに彩りを生み出しています。使用する材はケヤキ、サクラ、ホウ、カエデ、トチ、ガヤなど自然の色をそのまま活かした広葉樹を多く使います。国内でもこれほど多くの広葉樹を使うおもちゃは珍しいので、手に取っていただけるとその良さや香りも楽しんでいただけます。