創業33年 木のおもちゃと子供家具。自然素材100%、国産材の木のおもちゃと子ども用家具を自社工場で製作し、全国にお届けいたします。

木のおもちゃ
こども家具
保育園の家具

トップページ > ~木を使った室内空間~  ピッコロ保育園様

~木を使った室内空間~  ピッコロ保育園様

納品日:平成31年4月 納品

木の香る小規模保育所

香川県坂出市の小高い山の上、社会福祉施設を運営する企業様の企業内保育所。

室内は漆喰の壁、そして杉板のフローリング。そこにヒノキの保育家具で統一された一体感のある園です。周りを山に囲まれた好立地。そして一歩園の中に入ると、木の香りがふわ~っと漂ってきます。

運営会社【株式会社マミーズファミリー様】 のご依頼を受け着手

委託運営先は愛媛県に拠点を置くマミーズファミリー(増田社長)。https://www.mammys-f.jp/

同社とはこれまでもいくつか園を一緒に手掛けてきて、今回は4園目になります。今回は0歳~2歳さんまでお預かりする小規模保育所のお手伝いということで、定員は多くないのですが、乳児さんように家具の高さや仕様などを細かく設計しています。

こだわったのは家具の高さ

0歳~2歳さんをお預かりする小規模保育所では、日頃からどのような保育をするかによって、家具の使い方をご提案します。【日頃は固定して動かないように!そして行事ごとがあるとフレキシブルに移動ができる状態】ご依頼を受けた時このような条件がありました。

もともと1フロアの広々空間を、家具で3等分に仕切ります。この時、子供の目線で向こう側が見え、保育士さんも中腰で隣のスペースの内容を把握できるように高さは60cm~70cmの組み合わせ家具にしています。

空間をゆるやかに仕切ると、解放感も維持できる

あまりにも高い家具で仕切ってしまうと、圧迫感が出るのと、子供たちも閉鎖間を感じてしまいます。60cmというと、大人でいうと膝より少し高い位置です。フロア全体を見渡しながら園児全体に目が行き届きます。

低い子共家具はつかまり立ちの促進にも

早い子では8か月頃からつかまり立ちが始まります。その時につかまり立ちを補助する役割の、子供の力で動かない、そして程よい高さの家具があると便利です。60cmという高さもそういった意味で収納や赤ちゃんのつかまり立ちを促進できる役目があるのです。

平面図をいただければまずはご提案&見積もりから

打合せの初期段階では、まず、平面図を見せていただき、それを元にヒアリングし、ご提案とお見積りをご提示します。その後現地採寸を終えた後に作図を行い、細かな打ち合わせに入っていきます。どんなことでも結構ですので気軽にご相談下さい。

オーダー製作を得意としています。

オーダー製作 保育家具のままごとキッチン

オーダー製作 保育家具 タオル掛け

なかよしライブラリーの保育家具のメリットは木製で子供たちにとって安心安全であることですが、さらにオーダーで保育園に合わせてサイズ変更、仕様変更、そして希望であれば希望のロゴや表札なども製作できます。製造メーカーとして自社で製作できることの強みはお客様(保育園)の希望を最大限叶えられることにあると考えています。

なぜ木の家具、木の空間が良いのか

幼稚園 保育園、病院等、子供たちの空間づくりに樹脂製やスチール製よりも木製を選ばれる方が増えてきたように思います。現場で先生や理事長に話を聞くと、木はやっぱり【手触り、見た目、香り】が抜群に良いと言ってくれます。

人工素材にはない木の持つ特徴の一つに経年変化があります。なかよしライブラリーの使用するヒノキは高知県産の天然木です。お届けしたばかりの時はヒノキのいい香りに部屋中が包まれます。癒し効能を持つヒノキ。そんな木で作られた保育家具に毎日触れて育っていくのです。まさに天然の空間なのです。建築物はいろいろな規制で木だけを選ぶことは難しいですが、保育家具は可能です。お部屋に観葉植物がるように、木のものを取り入れると心も豊かになれるのではないでしょうか。近年では木を使うことで補助金を出す自治体もかなり多くなりました。半額補助から全額補助もありますので、木の保育家具=高くて買えない。という概念は崩れつつあるのです。

天然木って水にはどうなの?カビたりしないの?

なかよしライブラリーの保育家具には天然の植物油を2回塗布しています。一度目は木部に浸透し、内部で硬化します。そして2回目塗りのオイルは表面に塗膜を作ります。この塗膜を作る仕上げで多少の水濡れも問題ありません。そのため、日頃の家具の手入れは硬く絞った布巾などでテーブルや家具の表面を拭いてあげて下さい。

納期について

繁忙期は10月~4月になります。この間のご注文ですと納品まで2か月を要します。それ以外の期間は約1か月を目途にご検討下さい。

製造風景もブログで配信

なかよしライブラリーの保育家具は高知の自社工場で造ります。

打合せをした営業担当者が作図し、それを職人が一から製作します。どこの木を使ってどこで誰がどのように製造しているのかを、日々のブログで発信します。

家具工場メンバー

例えば保護者の方にご覧いただくことも、インターネットが普及した今の時代では可能になりました。運営法人の担当の方にも当日までお会いすることなく写真やメールのやり取りのみで打ち合わせを終えることができました。年度末。何かとお忙しい方には私たちが全力でサポートします。


株式会社なかよしライブラリー

           
  • 本社・家具工房・ショールーム
    高知県香美市土佐山田町宝町5-4-35
    電話:0887-52-9773
    FAX : 0887-52-9774
           
  • おもちゃ工房・ショールーム
    香川県三豊市財田町財田上726
    電話:050-5242-7531
創業33年、木のおもちゃと子供家具工房 株式会社なかよしライブラリー
日本製の木のおもちゃと子ども用家具は自社工場で製作し、全国にお届けいたします。