なかよしライブラリーについて

私たちの社会貢献

私たちは木製品を創造することで、子どもたちの未来、地球の未来に貢献していくことに一生懸命取り組んでいます。



  • 梱包資材は極力プラスチック製を使用しない努力をしています。

    梱包材には出来る限り、エアキャップ(プチプチ)などのプレスチック製品を使用せず、自然に近い状態でお届けできるよう配慮しています。エアキャップを巻かないと配送保険の範囲外になってしまいますが、それでもお客様宅での梱包資材の手間暇と大量のごみを考えると地球に優しい方が良いに決まっています。簡易梱包に皆さんご理解をお願いします。

  • 端材は町の緑化や街路樹の除草に再利用しています。

    端材は専用の工場でチップとなり、そこから町の街路樹の除草用チップなどに循環しています。

  • おがくずは牧場から、そして土に還ります。

    なかよしライブラリーの木を削った後に出る木材の削りカス(おがくず)は全て、廃棄せずに【牧場】【動物園】【乗馬クラブ】に【畑】の事業者の方に引き取ってもらいます。動物のトイレにには消臭効果としてヒノキの香りが効果を発揮し、その後、畑の肥料に戻っていくという循環が出来ています。もちろんそのまま畑にまいても、除草効果や土の柔らかさを保つ効果が出ます。

  • 植物由来の塗料を使っています。

    なかよしライブラリーのおもちゃと家具は亜麻仁油を主成分とした、天然オイルを使用しています。 空気を汚染しない塗料は、子どもたちや家族にとっても優しいのです。

  • 日本の山で採れた木だけを使います。

    家具は高知県のヒノキと奈良県の杉の木を使います。おもちゃの材料は、岐阜・北海道・秋田を中心とした 広葉樹を使います。山にしっかりと手が加えられ、国内で消費していくことが山の維持、国内の木材需給率に 貢献していくことに繋がっています。

  • 木材は太陽の力だけで自然乾燥を行います。

    天然乾燥は自然の力だけで木材を乾かします。
    人工乾燥に比べ時間と手間がかかりますが、程良い含水率(気に含まれる水分量)が維持できます。 天然乾燥をすることで、木は適度な湿気を含んだまま製品となりますので、オイルを塗った際の艶が増します。子どもたちが 使う商品だからこそ、手触りにとことんこだわっています。



私たちは持続可能な開発目標(SDGs)の7番・12 番・15 番に取り組んでいます。

なかよしライブラリーの製品の強み

1100%国産材・自然素材で化学物質不使用
赤ちゃんが口に入れても安全な材料にこだわります。

なかよしライブラリーの製品は国産材を使用します。樹齢は70年以上。高知県の四万十周辺の天然木を中心に、用途に合わせて全国各地から厳選した材料を調達しています。また、それらのほとんどを丸太の状態で仕入れ、節が少なく色のきれいな部分だけを選んで使用しています。とてもぜいたくな使い方ですが、製造中の磨きの段階では、木材がツルツルに磨き上げられ、子どもたちの手に届くころには光沢のあるとても素晴らしい商品になっています。着色をしないのは木が本来持っている色をそのまま生かすことで、人工的には出せない奇麗な色や木目を体感してもらえることから。そして何より純粋無垢な木は無害で、安心して使えるからです。子どもたちには小さいころから“本物”に触れて感性を磨いてほしいと願っています。

2子どもたちのための製品づくり専門メーカー。
保育士×職人が作り出す木のおもちゃと家具。

保育の現場や実際に保育士と働いてきた経験がのづくりに活かされています。電池式で動くおもちゃは最初は興味津々で楽しく感じるのですが、動きが同じなのですぐに飽きてしまいます。なのでおもちゃを選ぶとき、小一時間遊んだ程度で「これが良く遊ぶね」と親の目線で決めてしまうのはとてももったいないこと。そのおもちゃが、遊びを通じて、子どもに何をプラスにしてくれるのかを知る必要があると考えています。なかよしライブラリーが手仕事にこだわっている理由の一つは、“主体的に遊べるから”です。自分で操り、自分で創造して考えられるおもちゃの方こそ、遊び方は何通りも発見でき、子どもの自主創造性を伸ばしてくれると考えています。主役はあくまで子どもたち。おもちゃは子どもの発達を促す道具であるよう世の中に新しいものを生み出し続けたいと考えています。

3日々の子育ての現場から生まれる製品。
ロングセラーの秘密。

創業30年以上。一貫して子どものためのものを作り続けてきました。デザインは全て自社オリジナルです。近年は同様の製品も数多くインターネット上に出てきており類似品も多くあります。見た目が同じでも、その製品に込めた思いは違います。

重度の障がい児施設で学んだ、危ないな、使いにくいなと感じた製品

なかよしライブラリー創業前の1980年代。じっくりと子どもたちと向き合いたいと思って選んだ職業でしたが、子どもたちが安心して遊べるおもちゃがいかに少ないか思い知らされました。角が尖っていたり、表面が有害な塗料で覆われていたり日々心配事はつきなかったのです。

小さな工夫が大きな使いやすさに影響する

ないなら、作ってしまえばいい。ということで、自作で木のおもちゃを作るようになったのが創業のきっかけです。角は丸く仕上げないと危ないし、赤ちゃんの手には小さなささくれでも刺さってしまいます。また、積み木の角は丸くないと、積み上げるだけじゃなく投げるお子さんもいます。絵本をとりたくても、肩の高さ以上モノを持ち上げられないので、その高さの家具は使えない、椅子があっても重たくて持てないなどなど。。。

子どもたちと日々関わっていく中で少しの工夫で、家具もおもちゃも使いやすく変化することが分かり、その工夫を30年経った今も商品づくりに反映しています。それこそ、30年以上支持され続けている理由だと考えています。

4製造直販だから、材料の出どころから製造風景までを公開できる。原材料から製品になってお届けするまで製品の一生に責任を持ちます。

私たちは自社デザイン、自社販売、そして材料調達から製造まで全てを自社で行います。モノの流通が便利な時代ですので、商品を扱い販売することは簡単にできます。しかし、国産であるとうたいながらも、製造元は海外であったり、材料の出どころが不明なまま商品を販売しているケースも多々あります。

なかよしライブラリーは自分たちが安心して使える、加工できるものだからこそ自信を持って子どもたちにも提供できます。この製品はいつどこで採れた木で、誰が加工し、いつ商品になったのか、それらを全て、胸を張ってお客様に開示できる。そんな安心と安全の製品をお届け致します。

なかよしライブラリーの製品

お子様の成長に合わせた木のぬくもりのある製品を職人が一つひとつ作っています。

  • 出産祝い

    初めて赤ちゃんが手にするおもちゃは木のものをおすすめしています。赤ちゃんの頃はとても敏感。石油系の塗料で覆われたものやプラスチック製のおもちゃでは、化学物質の大きな影響が出かねません。国産材と自然塗料だけで作るおもちゃは、とても安心して遊べるおもちゃなのです。

    なかよしライブラリー
  • 1歳~2歳

    立ち上がり歩けるようになり、また椅子に座る、積み木を重ねてはくずす。さらに言葉も盛んになり、親子のコミュニケーションも活発になる時期です。この頃は、つかまり立ちを促進するような押し車や、繰り返し動作ができるおもちゃ、また自分の椅子を与えてあげることをおすすめします。

    なかよしライブラリー
  • 3歳~4歳

    記憶力が発達し、簡単な絵本の内容も覚えてくるころです。たくさんの絵本を読んであげましょう。野菜や果物といったかたちや名前も分かってきますので、”ごっこ遊び”ができるようなおもちゃや、積み木もおすすめです。同時に自分でお片付けをする練習に絵本たてや、収納する家具があると便利です。

    なかよしライブラリー
  • 5歳~

    身の回りのことは自分でできるようになり、手がかからなくなります。反対にこだわりも増えてきますので、お気に入りの洋服や雑貨を収納する家具や、ワゴンなどがおすすめ。小学校に入る前に、机に向かう環境を整えてあげるのも良いでしょう。

    なかよしライブラリー

ショールームと工場のご紹介

なかよしライブラリー直営店

なかよしライブラリー神戸店

なかよしライブラリー
神戸店

神戸店では、子ども家具・木のおもちゃを見て触れて遊ぶこともできます。1階奥には子どもたちの遊べるプレイルームを完備、2階には絵本コーナーでゆっくりよ親子の時間を寛いでいただけます。

店名 なかよしライブラリー神戸店
直営ショールーム
所在地 兵庫県神戸市中央区元町通5丁目7-11
TEL 078-599-8288
営業時間 平日 11:00~18:00 土日・祝 10:00~19:00(定休:水曜日)
取扱商品 木のおもちゃ全般・子ども家具(時期により商品の入れ替えがあります)

なかよしライブラリー
本社 家具製造工場

数年前に南国市の工場より香美市に工場を移しました。元印刷工場を改装し他工場で子ども用家具、保育用家具を製作しています。常時12名程のスタッフが在中しています。見学ご希望の方は要予約で承っております。

店名 なかよしライブラリー本社
家具製造工場
所在地 高知県香美市土佐山田町宝町5-4-35
TEL 0887-52-9773
営業時間 平日 10:00~17:00 OPEN
取扱商品 子ども家具、保育家具、変化いすや絵本たて等の製造を行っています。

なかよしライブラリー
木のおもちゃ工場 三豊 / TomoCraft

香川県三豊市の山あい、小学校の校舎を改装した仲良しライブラリーのおもちゃ工場。材料の保管から、製造・梱包・配送までを一貫して行っている他、週末は工場の一部を地域の皆様に開放し、工場見学やDIYの貸し工場としてご利用いただいています。不定期に子どもたちを対象としたワークショップやクラフト教室を開催しています。

店名 なかよしライブラリー
木のおもちゃ工場 三豊 / TomoCraft
所在地 香川県三豊市財田町財田上726
TEL 050-5242-7531
営業時間 平日 10:00~17:00 OPEN
取扱商品 木のおもちゃ、木の雑貨を製造しています。

なかよしライブラリーを応援してください!

  • 一般株主募集

    なかよしライブラリーは、約200名の株主の出資によって立ち上がりました。日本のモノづくりを残したい、子どもたちの幸せな未来に役立つ製品を届けたい。そんな想いに共感していただけ、出資していただける方募集しています。

    申し込み方法

    お問い合わせフォームに「株主希望」とご記入いただき、ご支援の理由と合わせて送信してください。

    お問い合わせ
  • 公式SNSアカウント

    公式Facebookページ

    なかよしライブラリーの活動報告。日々の出来事を、日記のように発信しています。

    Facebook 公式Instagramページ

    企画中の新商品や、製造中の商品の写真を投稿しています。新しいおもちゃや家具は、ここでチェック!

    Instagram

    メールマガジン

    セール情報や、新商品の入荷情報などオンラインショップのキャンペーン情報を発信しています。

    登録はこちら

企業情報

社名 株式会社なかよしライブラリー
電話 0887-52-9773
FAX 0887-52-9774
事業内容 木製家具・玩具・保育園室内遊具・の製造販売
資本金 5000万円
社員数 22名
沿革
1986年
おもちゃ工房【なかよしライブラリー】として高知市上町に創業。
1987年
南国市に工房移転。
1998年
インターネット通販開始
2006年
法人設立。工房の改装と桃の花館完成
2012年
土佐山田に「古民家カフェももくり館」完成
2015年
香美市に直営ショップOPEN
2016年
神戸市元町にショップOPEN
2017年
香川県三豊市におもちゃ工場移転
2018年
家具製造用にNCルーター導入
2019年
関東にポップアップショップを開始
2020年
法人向けレンタル事業開始
事業所/店舗所在地 【家具製造工場】 高知県香美市土佐山田町宝町5丁目4-35
【玩具製造工場】 香川県三豊市財田町財田上726
【直営ショップ神戸店】 兵庫県神戸市中央区元町通5丁目7-11