保育園に納品です。

こんばんは*神戸市ではマンボウが開けて、飲食店が20時半以降も開いているのでお誘いを受けた地元元町商店街のカレー屋さんに行ってきました。

激辛のマーボーカレー・・・・現場仕事の後の激辛カレーは身体に応えます。。。

保育園の納品を行っています。

明石さくらんぼ子ども園様からのご依頼を受けて、玄関の下駄箱一式やロッカーを納品してきました。

明石さくらんぼ子ども園納品なかよしライブラリ―

現場はクロス屋さん、設備屋さんがごった返していて、スムーズに納品完了!!とはいきませんでしたが、何とかきれいに収めることができました。

明石さくらんぼ子ども園納品なかよしライブラリ―

下駄箱の背面は先生たちが使えるカウンターになっています。当然のことながら工場で作ったカウンターと建物をぴったんこに合わせることは難しく、特に建物の壁はきれいに直角が出ていないことが多いです。

明石さくらんぼ子ども園納品なかよしライブラリ―

削りながら微調整し、どのポイントをピッタリ合わせたらキレイに見えるか、隙間はどうやって収めるか。その場で決めていきます。

明石さくらんぼ子ども園納品なかよしライブラリ―

結果、一番の難所はこういう感じで納めました。隙間が細い所はコーキングで納め、太い所は同材のヒノキで作ってあげると美しく揃います。

収め方を学べます。

明石さくらんぼ子ども園納品なかよしライブラリ―

現場での仕事は慣れないことが多いですが、一緒に行ってくれる大工さんがいろいろ教えてくれるので、とても勉強になります。

例えばこの隙間もこういう風に収めるときれいだよ。なんてこともサラッとやってくれます。壁の中にロッカーを収める場合は、壁の内寸法よりもロッカー本体を10㎜程小さく仕上げます。その隙間に写真のような見切り材を打つときれいに納まるんですね~。

明石さくらんぼ子ども園納品なかよしライブラリ―

留め加工(45度カット)をして小口面を見せずに納めます**

引き渡しまでに無事に納品が完了してホッと一息。工場で作ってくれたメンバーと打ち合わせしてくれた営業メンバー、お客さんや現場の方ありがとうございます。引き渡し後にはまた写真撮影に伺います♩

おもちゃ工場では和三盆のままごとが出来ています。

おもちゃ工場では今春にOPENする讃岐おもちゃ美術館に納品する和三盆のままごとが出来上がっています。おもちゃ職人の大廣さんの作品です。

和三盆木工なかよしライブラリ―讃岐おもちゃ美術館
欅(ケヤキ)材で製作 お遍路さん

和三盆は香川や徳島を代表する砂糖菓子だそうで、開けた時に表の絵も楽しめる高級和菓子です。贈り物や節句の日など特別な日に用意されるそうです♪

和三盆木工なかよしライブラリ―讃岐あおもちゃ美術館
浦島太郎 ブナ材
和三盆

ちなみにこれが砂糖菓子の和三盆です。

和三盆木工なかよしライブラリ―讃岐あおもちゃ美術館
電車 仏生山行き ブナ材

なかよしライブラリ―で製作するとこんな感じになります。子どもたちも本物のような和三盆でままごとを楽しめます。地元香川の文化もままごと遊びを通じて継承していけると楽しいですね。

和三盆木工なかよしライブラリ―讃岐あおもちゃ美術館
高松城 材種不明
和三盆木工なかよしライブラリ―讃岐あおもちゃ美術館
小豆島オリーブ公園 ブナ材
和三盆木工なかよしライブラリ―讃岐あおもちゃ美術館
和三盆木工なかよしライブラリ―讃岐あおもちゃ美術館
和三盆木工なかよしライブラリ―讃岐あおもちゃ美術館
和三盆木工なかよしライブラリ―讃岐あおもちゃ美術館
和三盆木工なかよしライブラリ―讃岐あおもちゃ美術館

こちらの和三盆のままごとセットは讃岐おもちゃ美術館限定で遊んでもらうことができます。アクセスは下記をご参照ください。完成が待ち遠しいですね♩開園したら僕も行ってみたいと思います。ではでは。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です